チラシ印刷は業者に依頼!格安で完成度が高い!リピーター多数

デメリットも知ろう

写真

業者によって差が出る

ネットで依頼できる格安チラシ印刷のデメリットは「データチェックの精度に各社に差がある」ことです。ネットを利用するチラシ印刷に発注する場合は、完全データであることが前提です。イラストレーターなどのプロ用のソフトで作成したものは、プロのデザイナーに任せるしかありません。チェックが必要なのは、ワードやパワーポイントで作成したデータです。高解像度のPDFに変換して入稿することになりますが、不備のデータチエックには、各社のレベルに差があります。データチェックのための人員を確保しているネット印刷会社と受注担当がチェックしている会社では、時間的な制約もあり、どうしても精度に差が出てきてしまいます。次に、ネットを利用するチラシ印刷のデメリットは「データ修正ができない」ことです。データ入稿をしてから文字の間違いに気づいたとき、再度データを修正して発注をし直さなければならないことがあります。リアルな印刷会社の場合は文字程度には修正をしてくれることがありますが、ネットを利用するチラシ印刷の場合は、対応してくれるところが多くはありません。最近では、文字修正にも対応しているネット印刷会社もありますので、各社のサービスを比較してみてください。

Copyright© 2019 チラシ印刷は業者に依頼!格安で完成度が高い!リピーター多数 All Rights Reserved.