チラシ印刷は業者に依頼!格安で完成度が高い!リピーター多数

デザインのポイント

カラーチャート

注目されやすいチラシとは

チラシ印刷のデザインで本当に伝えたいのは「売り出したい商品やサービスの魅力」であり、チラシ印刷のデザインに掲載する情報で最も重要なのはこれだと思います。重要だからチラシでは一番目立つ上の方にその情報を掲載すればいいかというと、そうではありません。なぜなら、お客というのはその商品やサービスに興味をそそられなければそもそもチラシの内容を見ようとしないからです。ということは、チラシ印刷のデザインを作る上でまず優先すべきは「興味をそそること」といえるのではないでしょうか。そして、興味をそそるためにはキャッチコピーを載せると有効で、それをチラシの一番目立つ位置、つまり最上部などに掲載することをオススメします。チラシ印刷のデザインに掲載する情報は重要度順に「店舗のアクセスや連絡先」「売り出したい商品やサービス」「キャッチコピー」の3つが挙げられて、優先度順ではこれの逆で目立つ位置に配置をしていくと良いということです。ちなみにキャッチコピーに関しては、縦書きと横書きで配置をアレンジすることをオススメします。チラシ全体が縦書きの場合は右上に、横書きの場合は左上に配置しておきましょう。さらに、「格安!」というフレーズは興味をひきやすいので、文字を大きくしたり赤文字にするなど目立たせると良いですね。
最後に、チラシは長方形なので角が4つありますが、この4つの角のうち3つ以上は文字や絵、帯などで空間を埋めたほうが良いと言われています。これはチラシの外に視線が逃げないようにする工夫で、チラシの内容に集中してもらうためのテクニックの一つです。人は囲まれた空間だと落ち着きますよね。でも何からも囲まれていない場合は開放感があり、伸び伸びとしてその場に集中することができません。チラシでもこれと同じことが言えて、目線も囲まれることによってその場に集中することができます。チラシの内容はその場で覚えてもらうだけではなく、その後も数時間~数日間は記憶に留めておいて欲しいですよね。そのためには、チラシの内容に集中させて印象に残させることが有効です。

Copyright© 2019 チラシ印刷は業者に依頼!格安で完成度が高い!リピーター多数 All Rights Reserved.